SONY MDR-CD900ST、交換パーツを日本橋で買う!購入から約20年以上、まだまだ現役!

アクアちゃんです。
久しぶりに大阪日本橋に行きました。ヘッドフォンの交換パーツを買って来ました。

約20年以上前に購入したSONY MDR-CD900ST 業界の定番中の定番

IMG_0219.JPG

現物と当時の雑誌「PRO SOUND」の広告の切り抜き。

アップで映すとハウジングの型番が「MDR-CD900ST」が「MDR-CD900」になっています。

IMG_0240.JPG

何故かと言うと、今の様に市場多く出回っていなかったので、全くの別の品物「SONY MDR-CD900」の金型を使っていたからです。

元々全くの別物の民生用「SONY MDR-CD900」をプロフェッショナル用に改良したのが「SONY MDR-CD900ST」。しかし当時は金型は「MDR-CD900」の物を使っていた歴史があります。
それから多くの支持を得て売れ出したので途中から「MDR-CD900ST」の金型で生産されるようになりました。そりゃそうですよね、「MDR-CD900ST」を買ったのに、本体に「MDR-CD900」って刻印されてたらテンション下がりますよね。この「MDR-CD900」のハウジングのMDR-CD900STを所有している人はかなり古参という事です(私を含め、ただの年寄りという事か・・・)。

当時の広告を拡大すると、

IMG_0243.JPG

ハウジングは「MDR-CD900」と見て取れます。後、当時私も気になっていたのでメーカーに問い合わせして、確証をとっています。

約2ヶ月前に、7月に難波に行く用事が出来たので、歩いてすぐの日本橋にいろいろ調達しようと計画を練っていました。ヘッドフォンの件だけでなく、他のジャンルのパーツ類も一気に購入しようと思いました。地方なのでその都度買いに行くと交通費の方が高くつきます。通販でも送料やその他費用の方が高くつきますから。

この記事(メンテナンス系)を読んでいる人には関係無いですが、欅坂46や秋元康関連グループのグッズが沢山ありますね!今回の目的とは違うので購入しませんでしたが。星ドラの「すれちがい冒険者」も62人も集まりました。さすが”大都会”大阪!

もちろん、この炎天下、昼飯時にビールで一杯(コップ1杯じゃないですよ、腹1杯。)

では早速、消耗部品を交換。
IMG_0228.JPG

私、几帳面なので購入日、メンテナンス日、修理代とか記録しています。パーツ代がどんどん値上がりしていますね。ネット通販ならもっと安いですが、振込手数料etcなど計算して、今回は日本橋で買うのが安いと結論しました。次回はどこで購入するかはわかりません。

イヤーパッド(左右)とウレタンリング(左右)

IMG_0231.JPG

IMG_0232.JPG

IMG_0235.JPG

IMG_0236.JPG

イヤーパッドを手でむしり取り、ウレタンリングをマイナスドライバーなどの先の細い工具で取ります。見てわかる通り、スポンジがグジャグジャになっています。

新品のウレタンリングを取り付ける。

IMG_0238.JPG

中央のスポンジが立っていますね。新品に交換すると気持ちいいですね。

イヤーパッドも右が交換前。中の黄色のスポンジが見えていますね。左が新品パーツ。一目瞭然

IMG_0239.JPG

IMG_0246.JPG

付け替えました。”プルンッ”とした感じで良いですね。

あれから数日経ちました。相変わらずご機嫌なサウンドです。最初の購入時は当時税別18,000円とそれなりの金額ですが、約20年以上交換パーツ代のみなので、新品のウン千円のヘッドフォンを買い換えていくより経済的と思います。パーツも豊富なので交換しながら長く使うスタイルをお勧めします。

遂にこの業界定番のSONY MDR-CD900STの”次の定番”「SONY MDR-M1ST」が発売されます。購入金額が更に高いですが、この製品もパーツ類が手に入りやすいと思うので、長く使える製品と思います。私は今のMDR-CD900STで十分ですが、注目はしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント